筆者が読んだ中で読者におすすめしたいマンガ紹介TOP10!

筆者が読んだ中でおすすめしたいマンガを紹介したいと思います。

 

現在、日本には何万冊とマンガが存在しており世界中からも日本のマンガは注目されています。

 

そんなにマンガが存在したらいったい何を読めばよいのかよくわからなくなってきますよね。

 

そんなあなたのためにランキング形式TOP10でまとめました!

 

 

 

 

10.今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね

 

マンガの題名に惹かれて読んでみたら、「まじか!」と言いたくなるようなマンガになっています。

 

あらすじ

主人公は学校で一番かわいい子のことが好き。

 

ある夜、家かの前で一人の女性が男性に襲われていた。

 

それを目撃した主人公は、助けようと家を出て、女性を助けようとした時に襲っていた男性に「逃げてください、感染するんです!」と言われ主人公が男性に襲われた。

 

次に目覚めたときは、家のベッドの中だった。

 

なにが起きたかわからなかった主人公は、いつも通り学校へ登校する。

 

登校途中、主人公が好きな子と出会い、話しながら登校する。

 

その時、急に主人公は好きな子のことを「殺したい」殺意に駆られる。

 

何かがおかしいと思った主人公は彼女と距離をとることにした。

 

しかし、殺意は収まることなく膨れ上がっていき、ついに主人公は彼女を殺そうとしてしまう。

 

感想

 

結構グロいシーンが描かれています。

 

気分悪くなる方がいるかもしれないですが、その時は無理しないようにして下さい。

 

逆にグロいシーンが大丈夫な人は、ぜひ読んでみてください!

 

私は、マンガの題名に惹かれて読んでみたんですが、「まじか!」といった気持にさせてくれました。

 

9.HUNTER×HUNTERハンター×ハンター

あらすじ

 

主人公は、森で巨獣に襲われているところをハンターの青年に助けられた。主人公はこの時に死んだと思っていた父親が生きており、優秀なハンターとして活躍していることを知る。

 

ハンターという職業にあこがれを持った主人公は、ハンター試験を受けることにする。

 

そして、父親を探す冒険に出かけるのであった。

 

たくさんの冒険をする中で、仲間と出会いがあり、肉体的にも精神的にも成長した主人公は父親に会って一言目に何を告げるのか。

 

感想

 

 

ハンター×ハンターは「念能力」といった能力をハンターは持っており、その能力を使って敵と戦います。

 

バトルシーンや少しグロいシーンもありますが、物語性があり、休止することも多いですが、多くのキャラクターが出てくるので飽きることなく楽しめるのでおすすめです。

 

8.ダイヤのAダイヤのA act2

 

あらすじ

ダイヤのA

 

野球好きの主人公の中学校が統合により廃校が決まった。

 

中学校の名を残すために中学制覇を目指すが、主人公の暴投により1回戦敗退が決まった。

 

その試合を見ていた、西東京地区名門の青道高校野球部のスカウト人が、主人公の持つ才能を見抜きスポーツ推薦で入学させると申し出る。

 

青道高校を見学に訪れた主人公は、天才捕手と出会い、地元の仲間の声援もあり青道高校入学を決意する。

 

青道高校入学後、同じ1年生の投手が投げた球のスピードに度肝を抜かれるのであった。

 

名門野球部でレギュラーをとり、エースとして全国制覇できるのか期待がかかる。

 

ダイヤのA act2

 

入学後、1年目が終わり2年目を迎える。

 

3年生は引退し、主人公は2年生として新入部員の指導にもあたるようになる。

 

だが、才能あふれる新入部員がたくさん入部することになる。

 

先輩としてレギュラーを勝ち取るために才能あふれる1年生とレギュラー争いをする。

 

主人公は、1年でとてつもない程の成長を遂げることができるのか。

 

そして、青道高校のエースとして全国制覇できるのでしょうか。

 

感想

 

本格的な野球マンガになっています。

 

主人公の才能が伸びてエースになるか、怪物と言われる投手がエースになるかとても気になるところです。

 

また、チームの仲間も努力してレギュラーの座を勝ち取るといった、だれがレギュラーになれるのかわからないところに興味が沸いてきます。

 

同じ地区には、最強のライバル校も存在するので、ライバル校との対戦にも注目です。

 

野球をしてない方でも楽しめるマンガです。

 

7.テニスの王子様・新テニスの王子様

あらすじ

テニスの王子様

 

アメリカのテニスジュニア大会で多くの優勝経験を持つ主人公が、アメリカから帰国。

 

帰国後、テニスの名門「青春学園中等部」に入学することにした。

 

全国制覇を目指す、テニス部に入学し、実力を持った主人公は1年生からレギュラーを獲し、多くのライバルやチームと対戦し、またライバルと対戦することで主人公自身も成長していく物語となっている。

 

テニスの王子様

 

全国大会決勝の3日後、突然主人公が姿を消した。

 

だが、再び日本に戻り、秋に始まったU17選抜大会に特別に参加が許可された。

 

かつてともに戦った仲間、敵として対峙したライバルたち、また高校生参加者とのテニスでの戦いをが始まる。

 

そして集められた目的が「日本代表を決める」と発表され、日本と、アメリカ両国の国籍を持つ主人公は果たしてどちらを選ぶのか。

 

といった、テニスマンガとなっています。

 

感想

 

 

現実的にはこのテニスマンガは再現できません。

 

マンガでしか表現できない、能力や超人離れした動きが出てきます。

 

また、中学生と言ってる割には、容姿が中学生に見えないくらい整っており、たまに中学生ということを忘れてしまいます。笑

 

個性豊かなキャラクターがたくさんでてきて笑いの要素も含まれているので、楽しめます。

 

私はテニスのマンガをあまり見ないのですが、テニスの王子様はとても面白かったので今も繰り返し読んでいます。

 

6.FAIRY TAIL (フェアリーテイル)

あらすじ

 

そこは魔導士が存在する世界。

 

その中に、魔導士ギルドといった魔導士達に仕事を仲介する組織がある。

 

主人公は火を食べ火を吹き、火を操れる竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)だ。

 

主人公が所属しているギルド、「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に一人の少女が加入する。

 

しかしそのギルドは、荒くれ物や個性豊かなものが集まるギルドだった。

 

問題児が多い「妖精の尻尾」だが主人公と加入した一人の少女がパーティーを組んで依頼をこなしていき、魔導士としても成長していく物語です。

 

感想

 

 

あらすじにもありましたが、魔法がメインの物です。

 

また、強敵が出てくるんですが、強敵に立ち向かう度にギルドの絆も強くなるので感動もしますし、戦いになったらどちらが勝つのかわからないくらい楽しませてくれるマンガになっています。

 

キャラクターの個性が強く出ていて、ファンからの人気も絶大です。

 

5.DAYS

 

このマンガは、サッカーマンガとなっています。

 

あらすじ

中学校時代いじめられていた主人公は、1人のサッカーの天才に出会ったきっかけで西東京の名門「聖蹟高校サッカー部」に入部します。

 

サッカー初心者だった主人公は、忍耐力と向上心で成長します。

 

初心者だからこそ努力する姿に、チームメイトも心を動かされ主人公を認めていきます。

 

どんどん経験を積んで、成長していく主人公にある能力が目覚めます。

 

いつしか、なくてはならないメンバーだと気づいた主人公はどういった気持ちなのでしょうか。

 

感想

 

 

主人公の成長はサッカーマンガの醍醐味ですよね。

 

主人公の成長する姿、チームメイトが努力する姿がサッカーしている人からしたら、ワクワクさせてくれるマンガだと思います。

 

4.神様の言うとおり

こちらのマンガは、第壱部と第弐部が出版されています。

 

全26巻で完結しています。

 

あらすじ

第壱部

 

主人公はごく普通の学校生活を送っており、今日も平凡な日常が始まるのかと思われたが、急に「だるま」が現れて先生、生徒が射殺されていく。

 

この試練の本質に気付いた主人公はクラスで唯一クリアし、数あるい試練をクリアしていく。

 

試練をクリアする中で、なぜこの試練があるのか理解するのであった。

 

第弐部

 

主人公は変わるが、初めに行われる試練は「だるま」だった。

 

試練を必死に身を削りながらクリアしていくと、第壱部で試練をクリアした者たちと合流し、味方、敵に分かれ試練をこなしていくのであった。

 

そこで、最後まで試練をクリアできたものにはいったい何が待っているのか。

 

といった内容になっています。

 

感想

 

 

私としては、最後の試練はとても感動しました。

 

今まで一緒に試練をクリアしてきた者たちの仲間を思う気持ちがひしひしと伝わってきました。

 

実写化にもなっていますので、1巻を読むと続きが気になって手が止まらなくなってしまいますよ。

 

3.「ワンパンマン

 

 すでに知っている人もいるかと思います。

 

それだけ有名です。

 

逆にそれだけ面白いということです。

あらすじ

そこはヒーローと怪人が存在する世界です。

主人公がその怪人を一撃で倒すといったマンガになります。

以上です。

ほんとにこれだけなんです。笑

 

感想

 

今までヒーローが一撃で敵を倒しすといったマンガがなかったわけで、普通でしたらどちらも接戦まで行ってヒーローが勝つといったことが主流です。

 

ですが、そんなことおかまいなしに一撃で倒してしまうといった発想はこれまでの常識を覆します。

 

私も、これおもしろいのだろうかなどと半信半疑思いながら購入しました。

一回読んでみたら、予想以上におもしろかったので次も買おうと思いました。

 

なので まだ読んでいない人がいましたら、一回読んでみることをおすすめします。

 

ワンパンマンは一回読んでみないと面白いか、面白くないかわからないと思います。

  

 

2.「約束のネバーランド

 

簡単に言えば頭脳戦です。

  

あらすじ

 

子供たちは小さな孤児院で幸せに暮らしていました。しかし、幸せな生活は突然終わりを迎えました。いったい孤児院では何があったのでしょうか。

孤児院の真実を知った子供たちがとった行動は、、

といったあらすじとなっています。

 

感想

 

少しネタバレになってしまうのですが、(ネタバレが嫌な人はここでお辞めください。)

 

子供たちは孤児院を脱走します。

 

何日も前から計画を練っていて犠牲も払いましたが、なんとか脱出のプランが完成しました。

 

脱出日に子供たちが、どのようにして脱出するのか、脱走した後はどうするのかなどといった子供たちの発想に心躍らされました。

 

 

 

1.「BEBLUES!~青になれ~」 

 

サッカーマンガです。 

   

あらすじ

 

日本代表を目指している一人のサッカー少年がたくさん現れる壁に対して、どのようにして乗り越え、夢である日本代表、世界一のサッカー選手になるのかといった本格サッカーマンガとなっています。

 

感想

 

サッカーのことを細かく説明している所や、主人公が過程を経てどんどん成長していくのが見ていて面白いからです。

 

戦術の内容であったり、なぜこの練習をするのかについても詳しく説明されていますのでそこは読んでみてのお楽しみです。 

 

サッカー好きな人でしたらぜひ読んでみることをおすすめします!

 

終わりに

まだまだ多くのマンガが存在しています。

 

これはまだ一部なので、他にも面白いマンガはたくさんあると思います。

 

逆に「これが面白いですよ」という情報があったら、ぜひコメントにて教えてほしいです。。