サッカー基礎 一番難しいポジションはGKになるのか

 f:id:renlife:20180317222934j:plain

 

サッカーに関わっている人や実際にプレイしている人で、「一番難しいポジションはどこ?」と考えることはありませんか

 

各々、考えることは違いますから様々なポジションを挙げられると思います。

 

ですが、最も多くの人たちの答えがGK(ゴールキーパー)になるのではないかと思います。

 

「一番難しいポジションはどこ?」の多くの答えがGKなのはなぜなのでしょうか。

 

それ以外のポジションでも難しいと思う理由について考えてみました。

 

 

 

サッカーではGKがいないと試合が始まらない

 

 サッカーの試合でGKが配置されていない試合を見たことがあるでしょうか。

 

 もしそのような試合があるのなら面白くないに決まっています。

 

オフサイドがないサッカーと同じに過ぎないのですから。

 

GKの役割とは 

サッカーには、1人だけ(自陣のペナルティーエリア内に限り)手でボールを扱うことが許されているポジションがあります。

 

そのポジションがGKです。

 

GKは、縦2.44m・横7.32mの相手から狙われているサッカーゴールを守らなければいけません。

 

数字からもわかるように、一般人が両手両足を伸ばしても届かないはるかに大きなサイズのゴールです。

 

それくらい大きなゴールなのに、サッカーというスポーツは簡単には点が入ることはありません。

 

その理由は、単純にGKという各チームで絶対的な守護神が守っているからです。

 

守護神からなんとしても一点をもぎ取ろうと、己の全てを出して熱く泥臭くプレーします。

 

その姿を見た観客の心も熱くなり、サッカーという競技が、世界中で最も多くの競技人口になったのです。

 

その原点は、GKだと思っています。

 

GKはミスが許されない

 

GKのポジションの位置は、チームの一番後ろです。

 

一番後ろなので、GKの後ろには誰も守ってくれる人がいないということになります。

 

後ろにはすぐにゴールがあるのでミスをしたら失点につながり、もしかしたら試合に負けることだって可能性としてはあることを考えておいた方が良いでしょう。

 

だからこそGKは絶対にミスをしてはいけないのです。

 

かといって安全なプレーだけをしていれば良いというわけにはいきません。

 

遠くからの強烈なシュートを止めて、コーナーキックからのクロスボールを相手と体をぶつけあいながらキャッチしたり、DFとの空いたスペースを守らなければいけない。

 

迷いや、判断に遅れがあったりしたら相手にスキを突かれて点を決められてしまうのでその場で最も最善の判断をしなければいけません。

 

それをミスなくこなさなければいけないのですから、最も難しいと思います。

 

判断力が高いGKとは

 

 f:id:renlife:20180317223132j:plain

 

2014年のブラジルW杯に出場したドイツ代表GKのマヌエル・ノイアー選手です。

 

ノイアー選手は、192㎝、92㎏と全体的に大きく長い手足と反射神経の速さでした。

 

しかし最も凄いのが、プレーエリアの広さです。

 

ペナルティーエリア内でのディフェンス

 

コーナーキックやサイドからの攻撃でクロスを上げられても相手のFWに触らせることなくキャッチする。

 

GKと一対一の時にシュートブロックや枠を外させた時などでは、GKが相手とどこまで距離を詰めたらシュートコースを消せるかなど一瞬で判断している。

 

ペナルティーエリア外でのディフェンス

DFの後ろにスルーパスが来てもGKが迷いもなく飛び出してクリアするのも判断力です。

 

ここで気をつけなければいけないのは、判断に遅れるとFWにパスが通りガラ空きのゴールにシュートされるということを気をつけなければいけません。

 

攻撃時の切り替え

シュートをキャッチしたときに前線に居る味方にパスをすることです。

 

これは、守備から攻撃に切り替わる時にどこから攻めるのが良いのか、フリーの味方がどこにいるのかといったGKの判断力が必要になっています。

 

最近では、GKが起点でゴールに結びつくことがあるのでとても重要な判断力です。

 

 

この3つをこなせるのがドイツ代表のノイアーです。

 

こなせたからこそ世界最高のGKになることができたのでしょう。

 

他のポジションで難しいこと

ここからはGK以外のポジションで難しい理由を紹介します。

 

FW(フォワード)

足の速さ、ヘディングの強さ、得点感覚に優れた選手が必要になります。

 

1試合に数回巡ってくるチャンスをモノにしないといけないというプレッシャーが難しいところだと思います。

 

MF(ミッドフィルダー

高い足元の技術と、ボールキープ能力、視野の広さが重要になってきます。

 

真ん中でプレーする選手は攻撃や守備に回らないといけないので、体力面でも一試合持つか持たないかくらい休む暇がないところが難しいと思う。

 

DF(ディフェンダー

相手の屈強なFWに負けないくらいの体格とスピード、瞬発力が必要になります。

 

また、味方同士で組織的な動きもしないといけないので、味方との距離感も大事になる。

 

DF同士の連携面が崩れると失点になるので、ラインコントロールや守備のカバーリングなどが難しいと思います。

 

まとめ

 

GKが失点に絡みやすいことから、難しいと思う。

 

しかし、各ポジションにも難しいことはあるが、そこを乗り越えて上手くプレーできた時の喜びは大きいのが魅力的。

 

頑張って練習を重ねて難しい点をクリアしていきましょう。

 

 

補足

サッカーをしていたら日に焼けて肌にシミやニキビができてしまいますがそんな時にはこちらがおすすめです。

 

 

www.news-popular.com

www.news-popular.com

 

ぜひ一度ご覧になってください!

 

 

 

 

 

www.news-popular.com

www.news-popular.com