井上苑子の人気曲ランキングTOP10!人気の理由に迫る

 

最近人気のアーティストでCMやバラエティー番組などで使用されているのをよく聞くようになりました。

 

学校のイベント行事やショッピングセンターなどに多くのイベントを開催して曲を披露しているシンガーソングライターです。

 

徐々に有名になっているので今後に期待です!

 

 

米津玄師ファンおすすめの記事

www.news-popular.com

 

 

 

井上苑子のプロフィール

 

 f:id:renlife:20180225140055j:plain

 

名前:井上苑子(いのうえそのこ) 

 

生年月日:1997年12月11日生まれ 

 

出身:兵庫県神戸市出身

 

血液型:A型

 

特技:空手 水泳 ギター

 

関西出身の若手歌手ですね。

 

2015年にメジャーデビューしました。

 

なんといっても、特技が空手っていうのは凄いです!

 

空手では、黒帯を取得しているとの情報も入っているので、なかなかの凄腕なんでしょう。

 

彼女のルックスで空手をやっているなんて想像つきません。

 

なぜ人気なのか

 

彼女が歌っている曲の歌詞に、女性の心の中、気持ちを代弁するかのような共感できる歌詞が入っていることが特徴的です。

 

また井上苑子は、ネット系女子ともいわれています。

 

最近流行のインスタグラムに最近あった出来事をアップしたり、インスタライブといってスマホのカメラ使って生配信を行うなどしています。

 

その他にも、ラインライブなども使用していることかネット女子と言われるようになったきっかけだと思います。

 

最近では、ネットでいろんな情報を手に入れることができますから、そういう意味では理にかなっていると思います。

 

活動にも人気の理由があり、全国各地の学校や駅の広場などを拠点に無料のライブ活動を行っています。

 

ですから、だれでも気軽に参加でき、お金もかからないのでたまたま見に来た人がファンになる可能性だってあるわけです。

 

このようなことを行いながら、徐々に人気を獲得しているわけです。

 

また、メジャーデビューする前には、路上ライブなどを行いながら生活をしていたことから、努力してここまで来たのだと伺えます。

 

おすすめの曲

 

1.せかいでいちばん

あいのりの主題歌となっている曲です。

  

好きな人との楽しかったこと、辛かったこと時の気持ちを歌詞で表現しています。

 

2.なみだ

 

女の子のせつない気持ちがつまった曲です。

 

心に響く曲でつい泣いてしまう人もいるのではないでしょうか。

 

私はこの曲をライブで聞いてとても感動してしまいました。

 

3.だいすき。

 

学生時代の青春を思い出してしまう曲です。

 

こんな気持ちだったなぁと思わせられます。

 

4.大切な君へ

 

井上苑子さんの代表曲と言ってよいほどの人気曲です。

 

5.エール

 

ポップでリズミカルな曲です。

 

落ち込んでいるときに慰めてくれる人への気持ちを表しています。

 

6.どんなときも

 

スマートフォンのCMにも使われた曲になっています。

 

槇原敬之さんのカバー曲で女性が歌うことで女性目線の曲にもなっています。

 

7.ナツコイ

 

コンタクトのCMにも使われた曲になっています。

 

PVにも注目です。

 

8.さくら

 

海崎新太さんとコラボした曲になっています。

 

その時の季節の思い出を思い返すせつない曲になっています。

 

9.ふたり

 

彼氏との久しぶりのデートに髪を切っていった彼女の気持ちを書いた曲です。

 

髪を切ったことに気付いてくれると嬉しいですよね。

 

10.メッセージ

 

女の子の気持ちに気付かない鈍感な男の子にどうやって気づかせるのかといった感情を曲に表しています。

 

井上苑子独特の雰囲気が伝わってきます!

 

追記

2018年6月4日にリリースされるアルバム「Mine」。

 

このアルバムに収録されている曲はこちらです。

 

 

1.リメンバー

2.My Dear One

3.ワンシーン

4.Chocolate

5.TODAY

6.踏み出す一歩が僕になる

 

新曲も多く収録されているので井上苑子好きには手に入れておきたいところです。

 

まとめ

 

女の子の気持ちを表現している曲はとても共感できるものがあります。

 

年齢も学生に近いことから、中高生の素朴な感情を表現しているので、人気というのもうなずけます。

 

まだまだこれから長いのでどのように成長していくのか期待が高まります!

 

 

www.news-popular.com

 

 

www.news-popular.com

 

 

www.news-popular.com