サッカー基礎 リフティングはコツさえつかめば簡単!小学生で700回できた話

さ 

今日はですね、私の経験からリフティングが700回できたことについて紹介したいと思います。

 

小学生で700回できたの?

 

 

結論から言いますと、小学生のうちに700回を超えています。

 

前の記事でもご紹介しましたが、私は幼稚園の頃からサッカーボールを蹴っている子です。

 

小学生に上がって、地元のサッカークラブに所属し、練習のない日でもずっと、壁に向かってボールを蹴ったり、移動の時でも道路でボールを蹴って移動していました。

(今になったらとても危ないことをしていたなと思います、、笑)

 

それではなぜ小学生でリフティングが700回もできるようになったのでしょうか。

 

それは、ボールの芯をとらえる事を主に意識して取り組んだからです。

 

ボールを蹴る時に、芯をとらえて蹴ることで遠くに飛んでいきます。

野球でも表現できますが、バットでボールの芯をとらえたらホームラン、もしくはヒットになります。

 

これはほとんどの球技に言えることです。

 

話を戻しますが、ではなぜ芯をとらえるとリフティングが続くようになるのでしょうか。

 

すこしでも芯をとらえられるようになると、ボールを蹴っても変なところに飛んでいかず、自分が飛ばしたいところにボールをコントロールできるようになります。

 

この原理をリフティングにも応用していくと、ボールをコントロールできるわけですから、落とさずにリフティングを続けることができます。

 

簡単そうに思えるかもしれませんが、実はとても難しいことなんです。

 

無我夢中でボールを蹴ったとしても、身につくとはいいにくいです。

 

ですが、ボールを蹴っていてたまに遠くに飛んで言った経験はないでしょうか。

 

それは、数回に一回でもボールの芯をとらえているサインなので、芯をとらえた感覚を忘れずに地道にどこでボールを蹴ったらいいか、どれくらいの足の振り上げ幅が良いか、歩幅は何歩が良いか、どこを狙ってけるのが良いかなど地道な調整作業はたくさんあります。

 

少しづつでも修正していき、ゆっくりで良いですから確実に良い悪いを見つけ出していくのが良いと思います。

 

 

ちなみに私は小学6年生で700回を突破しました。

 

その時は右足だけ使って突破しました。

 

右足だけ使っていたせいで、左足はというと使えなさすぎて泣きそうでした。

 

ということもあるので、できるだけ左足も使ってあげてください。笑

 

 

全然だめだという人でも、コツをいかに自分のものにするかといったことも重要になってくるので焦らずじっくりと吸収していくことです!

 

 

 

www.news-popular.com

www.news-popular.com

 

www.news-popular.com

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村